『ぺヤング』首都圏で販売を再開・・・だとッ!

マン太郎です。

虫の混入がツイッターで話題となり、発売を取りやめていたぺヤングの発売が

今日から発売再開らしいですね。

 

僕もお昼に二個入っただけの特盛バージョンを食べるのが好きでした。

あれ、調子乗ると絶対残しますね。だって多いんだもん。

 

さあ、そんな事はどうでもいいんです、気になるエッチなお話しちゃいましょうか?

【続きを読む】

女性は第一印象の逆!

 

っというのが、ワタシの中でまずまずの確立であたります。

そう!つまりは。

 

 

うわ、この女きつそうだな。怖っ!(絶対ヤンキーだよ、でもエロイなあ)

なんて女性は確実に変態M属性の化身ですね。悲哀の化身とでも呼びましょう

 

逆にとろろ~んな女性はにっこりしながら男のアナルに手首ごと入れてくるような

危険分子ですね。破壊です。こいつは破壊の化身です。

男性の誇りを踏み荒らしてきます。オーバーランですよ。

 

もちろん、見かけ+会話すれば、なんの化身かはより判断がつきやすいですね。

 

大雑把にわけるとそうですね。自我が強いほうがベットの上では逆になる。

よくある設定と思いますが、恐らくかなり昔からのシチュエーションのため

多くの女性が、やはり当てはまるのではないでしょうか?

 

しかし、男性の場合はどうでしょう?

もう、コレは完全に出会った女に左右されるのではないでしょうか?

 

ワタシの知り合いでは、自称M男性がいますが、実は会話の節々で

亭主関白のかけらが伺えます。

ん?どういう事でしょう?

 

まさか、尻を叩いてほしいあまりに、もはや狂犬

吼えるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

『早く!叩けよ!尻を!叩け!』

 

インド人がカレーにらっきょ乗せながらスプーンでくってるようなもんです。

なんやねん!素手じゃないんか!?

 

Mじゃないのか?

 

どっちやねん!

 

さあ、ムラムラしたあなた!

本日は料金が休めのお店で遊んでみてはどうでしょう?

レッツ★ヌキなび★GO★風俗

 

画像は本文とは無関係です。251548572

暮らしの水をマン太郎

暮らしの水をマン太郎

もうちんぽしないなんて言わないよ絶対。

2 thoughts on “『ぺヤング』首都圏で販売を再開・・・だとッ!

  1. たまに楽しく読ませて頂いております。

    特に個人的には女性への印象が非常に似ていて面白いです。

    頑張ってください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>